日吉ルーテル同胞教会の主日礼拝の再開について(お知らせ)


2020年5月28日
日吉ルーテル同胞教会の皆様へ
日吉ルーテル同胞教会 役員会



尊い主イエス・キリストの聖名を賛美申し上げます。
早いもので風薫る5月も過ぎ去ろうとしています。一年でも最も過ごしやすく木々や草花の美しい季節ですが、今年は新型コロナウイルスの感染防止対策の緊急事態宣言により公園や名所で花々を楽しむというわけにはいきませんでした。新緑の6月は思い切り屋外で初夏の太陽と木々の若葉を楽しみたいものです。
さて、皆様ご存じのとおり、政府は、緊急事態措置が継続されていた北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉の5都道県についても5月25日に解除を発表しました。全面解除に伴い政府の基本的対処方針が改定され、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の定着を前提とし、外出自粛や施設の使用制限等を緩和しつつ、社会経済の活動レベルを段階的に引き上げていくこととしています。6月1日からは、東京や神奈川などとの移動についても不要不急の移動は慎重に行うこととされていますが、同時に100人までの集会・行事やコンサート、展示会なども開催が可能とされたところです。
当教会においても、この宣言解除の決定に合わせ、役員会や星の子ルームとも協議の上、6月7日(日)から礼拝を再開することといたしました。当面、再開するのは礼拝のみとし、祈祷会や愛餐会などは今後の状況を見ながら判断していくこととします。
つきましては、信徒の皆様方におかれましても、つぎの各項目にご配慮いただき礼拝出席を心がけていただければ幸いです。


〇礼拝出席にあたっての留意事項
@発熱の症状や咳が出る場合など体調に不安のある場合は礼拝出席を控える。
A礼拝出席をする場合には、必ずマスクを着用する。(お忘れになった時には、教会に備えおいてあるマスクを着用する。)
Bなるべく人と近い距離で長時間話さない。いわゆるソーシャル・ディスタンスを保つ。
C教会においても、椅子などの間隔を広めにとります。
D賛美もマスクしたままで声を出さないか、出しても小声で賛美します。さんびも、数を少なめにし、2節程度にします。
E聖餐式は行いますが、牧師が手袋をして配餐します。
Fその他、換気・空調、空気清浄機の利用などできる限りの配慮を行います。また、その時点で必要と認める改善を行うようにします。

これから蒸し暑い季節にもなります。狭い会堂での礼拝であり、快適とは言えない環境での礼拝になることも考えられますが、なにとぞ御理解のうえ御出席をお願いいたします。この一か月半の間、礼拝に出席することができなかったことにより、クリスチャンにとって会堂に集まり、御言葉に触れ、兄弟姉妹との交わりをすることが如何に大切であるかを教えられた一か月半だったのではないでしょうか。
多少の不自由さに勝って余りある主との交わり、喜びがあるものと期待し、兄弟姉妹皆様と久しぶりにお会いできるのを心から楽しみにしています。
元気で教会でお会いしましょう。

なお、ご自身の健康状態に不安があったり、何か相談したいことがある方は、田口牧師にご相談ください。お祈りが必要な方も電話でも結構ですし、5月31日(日)は礼拝は行いませんが、10時30分から田口牧師と新宮長老が教会におりますので、相談やお話がある方は来ていただいて結構です。

以上

田口 聖